2004年 09月 27日

そうだろうか・・・?

「最上のWebサイト」より
>目についた欠点を矯正することはその人を改善することだというのは教育におけるもっとも良くある間違いだと思う。そうやっても、いびつに縮こまった者に育つだけなのだ。いくら欠点を刈り込んでも長所は少しものびない。



本当にそうだろうか?

いつまでも欠点ばかり目立っていては、事業は進まない。

だめな部分は刈り込んでいかないと、要求されている事象はこなせない。

しゃべる事に長けているようで、肝心な時に適切な説明ができない。いわゆる、長所と短所は表裏の関係にあるような気がします。私は・・・。

学習能力がある人間は、短所を指摘され、良くしようとすると長所も伸びるような気がします。それができない人間は、いつまでたっても上のとおり・・・。

子供をしつけるとかだったらイイでしょうが、給料もらって仕事してるんですから、給料分の成果は出さないと、何を言われるか分からない・・・。
(成果を上げていても、認識されていない?だから・・・減員・・・?・・・?)
[PR]

by amuro1900 | 2004-09-27 22:14 | 日記


<< 合い言葉は・・・・。      例によって、減員騒ぎ・・・(.... >>