2004年 10月 01日

先行き・・・。

減員問題で資料を作ってましたが、重要文化財修理のタイムスケジュール作っていて、ハタと気が付いた・・・。

瓦や建築部材の墨書調査、下張り文書の調査を項目に入れたのですが、これって誰がする?数年後・・・。

私よりも若い人たちは、たぶんその頃も文化財部局にいるでしょう。
(でも、年齢が近いので怪しいですが・・・。)
一番問題なのは、古文書や展示を担当している嘱託員・・・。

この部分は平成元年から、ず~っと嘱託員で担当していまして、もう何人変わったかな?

今の人員もすでに5年前後たっていて、30歳を越えています・・・。これまでの人たちはだいたいこの辺で正規職員に採用されて、うちを離れていきましたが、彼らの場合はどうなるのか?

一人は話し合いましたが、もう一人は・・・。

よって、嘱託員さんと話合をもちます・・・。このまま嘱託ってわけにも行かないし、と言っても正規職員にするあてもない(..ゞ アセ
[PR]

by amuro1900 | 2004-10-01 20:10 | 日記


<< 秘められた黄金の世紀展      開発行為でないので57条の届出... >>