研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 26日

うだ話・・・。

更新しましたが、何か歯切れが悪い・・・。

やっぱり大きな団体で、埋蔵文化財だけにかかわっていると、あのようになるのかな?と思いました。

私、今、業務では、埋蔵文化財については書類チェックの立場で、現場から離れています。普段は展示や古文書、建築物、仏教絵画調査の段取り指導をしています。
(直接調査はしませんよ、能力ないし・・・。)

様々な分野の方々とかかわり、実際の調査やその報告書をみると、いろんなことが知識として蓄積されていきます。

調査費の手配や配分で常にバランスを考えますが、知らない間に、資料の取り扱いなどもバランスで見るようになっていました。常に総合的に判断する気持ち・・・。

だから、今回の大会は私にとっては、基礎の基礎って感じで、非常に不満の残るものでした。

小さな団体に所属して、何でもかかわらないといけない人は、みんなそう思ったような気がします。


ちょっとビックリしたのは、近世農村の発掘調査をしている例があったことです。うちでは考えられません。

こちらでは近世の農村はそのままその場所にありますし、家もそのままのところがある。近世後半から末にかけての建造物はその場に建っている。

建て替えで調査できても、トレンチ調査が関の山。とても、間取りなりを検討する資料は得られません。

よって、19年度から民家調査をする予定です・・・。(予算付くかな?)
[PR]

by amuro1900 | 2004-12-26 20:19 | 日記


<< 怠慢?      ケガ・・・。 >>