研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 10日

関西陶磁史研究会2

それにしても、関近研のメンツはほとんど?、若干数名しかいなかった?私を含めて・・・。

関近研での私のまとめも参照されていませんし、関近研にこちらの方々も来られない・・・。

別にけんかをしているわけでもなく、一昨年、同じようなテーマが案としてあがりましたが(関近研で)、遠慮してちょっと味付けを違うものにしたんですが・・・。

江戸は江戸研と在地土器研はメンバーがほぼ同じ?こちらは全く異なります。

どうも、文書を主体にしながら、考古資料を扱おうと言うスタンスのような気がします。




しかし、文書が読めるのは代表の方のみ・・・。

この辺が会の限界を表しているようなきがします。共同してやりませんか?
17・18・19会とかにして・・・・・(笑)


ちなにみ1617会というものがすでにあります。
(文献、考古の方が多数参加・・・)
私、最初、1617年の会だとばっかり思っていました。
例会とかで中世のお城とかも取り上げるので、
「近世の研究会なのになんで?」って・・・。
16、17世紀を考えると言うことで、1617会だそうです・・・。

あ!あと大坂城研究会とうい地域限定形の会もあります・・・。

近畿は小さな研究会が多くて、とてもすべて出席できませんし、資料集めもできません(泣)
[PR]

by amuro1900 | 2005-01-10 21:00 | 日記


<< みんぺいやき      関西陶磁史研究会 >>