研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 26日

中国窯場紀行(?)1補足

今回ご紹介している窯ですが、遺物自身は日本で良く出土します。それによって編年、年代等も位置づけられています。

しかし、肝心の中国ではほとんど発掘調査が行われておらず、研究は進んでいません。物原資料を分析し、推定されているのが現状です。当時の文字資料もほとんど残っていません。

また、それらの分析も出版事情の関係から簡単なものにとどまっており、思ったほど効果をあげていません。
[PR]

by amuro1900 | 2005-03-26 18:40 | 日記


<< 中国旅行・・・。      中国窯場紀行(?)1-3 >>