研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 27日

生涯学習の冊子

とあるところの生涯学習ハンドブックを見ていて疑問に思った点。
小学生、中学生、お父さんを対象にした事業が紹介されていました。
これって何か違うような?

私の社会教育、生涯学習の定義は「成人学習」。学校には行かなくなったが、何か学びたい、地域について知りたい、いろんな実際を見てみたいという大人が対象になるものだと思っています。

義務教育の間は、学校教育と家庭教育の範疇で、基礎学力と世間に出てから人に迷惑をかけないしつけを行う。ある意味、一生涯のための基礎期間ですので、その意味「生涯学習」かもしれません。
でも、やっぱり違うような気がします。

具体的な中身を見ると、「子供の居場所作り」なんかあって、コンビニにたむろしている子供達を何とかしなければならない・・なんて趣旨が・・・。これって、家庭教育ですよね。

友達と家で遊んだり、広場で遊んだりすることを自然に学ばせる。しつけるですよね、家庭で。

あと、大人の方は、「オヤジの居場所作り」なんて事があって・・・子供の居場所作りの大人版?
大人の居場所を作らなければいけないような事になってるわけですか?

なんか冊子にするために無理矢理入れているような気がしますし、これらの事業自身がおかしいような?


そうか!社会がおかしくなってる?
[PR]

by amuro1900 | 2005-04-27 18:34 | 日記


<< 記念パーティ      サイト・・・。 >>