研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 10日

旧友

久保和士君の著書を引用している資料報告を発見し、読んでいました。

内容は今一でしたが、その資料に接して、久保君を知りすばらしさを認識したとありました。

もう何年たったか・・・彼が亡くなってから。

彼が修論を書くときに、資料を見に来たのがつきあいの始まり。そのころは漁労具を追いかけていました。と言うか魚類の分析でしたね。

就職してから、陸上動物をやり始め、凄い勢いで研究を。

私は和泉音羽焼に苦戦していた頃、彼は櫛払いの研究を始めていました。近畿民具学会で同じ日に発表した記憶が今でも鮮明に・・・。

彼からもらった抜きづりや手紙はしっかり保存しています。
[PR]

by amuro1900 | 2005-06-10 23:44 | 日記


<< 戦闘      O Prefectureさんが... >>