2005年 07月 19日

打ち合わせ

とある件で打ち合わせ。

骨が出ると何でも「祭祀」(嫌いな言葉ですが・・・)に結びつける。また、それの理解が陰陽五行だったり、延喜式だったりします。

江戸時代でも幕府が出した触書が全国津々浦々まで浸透しているか疑問なのに、古い時代で中央政府で作成したものがそんなに浸透していたとはどうしても考えられず・・・。地方、地方で独自の考え方に基づいていろんなことをやっていたような気がして・・・。

なんでも一律に考えるあり方に抵抗感・・・。

あと、被差別民、職能民の考え方にもついていけません。近世の生の資料を見すぎているのかもしれませんが、古代、中世にこれらのあり方がそれほど発達していたとは考えられないです・・・。

なんか、皆さんと考え方が根本的に違うため、話し合いに参加しているだけでした・・・。人の発言を聴く度に、?ホントに?・・・。ってなるので・・・。

よって気分はblue・・・壁紙の様にblack?

単に・・私が・・バカな・・だけかな?
[PR]

by amuro1900 | 2005-07-19 08:55 | 日記


<< 雨乞習俗の研究      浄土真宗系寺院の研究 >>