2005年 08月 06日

牛神相撲

泉州地域には牛神をまつる行事が昔からあります。

今は、形だけを少し残している状況になっていますが、貝塚市内では2町会4ヶ所で、牛神祭りの最後に行う相撲だけが残っています。貝塚市森、貝塚市木積(3ヶ所)。

8月の第1週の日曜日に開催することが慣例になっていますが、貝塚市木積(こつみ)の2ヶ所では、本日、明日2日間開催されます。

本日いってきました。木積の小原出(こはらで)で開催されているものです。

中学生が行事になって、保育所から小学生までがふんどしをしめて相撲をとります。

a0009707_10122849.jpg


明日は貝塚市森で行われる方にいってきます。

こちらは5歳で初相撲参加で、別途優勝者を決定するなど、組織だっています。
ちなみに2年前、私の身内が5歳初相撲優勝を勝ち取りました。それも敗者復活戦から・・・。
(あ!個人情報・・・)


ちなみに貝塚市木積は古代から林業で栄えた村で、万葉集で「宮木引くいずみの杣にたつ民の やむときもなく恋ひわたるかも」と読まれた所の一角と推定できます。町内のお寺には、旧法で国宝、文化財保護法になって重要文化財になっている平安時代後期の仏像19体があります。
[PR]

by amuro1900 | 2005-08-06 10:15 | 日記


<< ふんどし      扇子 >>