研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 09日

文化財所有者との距離

これが微妙だと思っています。

親しくなりすぎて、所有者サイドにつきすぎると、何か有ったときに、公平な判断、厳しい判断ができない。といって、距離をとりすぎると、「親身になってくれない!」と不満の声があがります。

ず~っと親密になりすぎる状況を見てきましたので、私はできるだけ所有者とは距離を置くようにしてきました。

これ、今まで、批判の方が多かったような気がします。「あれ?やる人が変わると、私たちの扱いが変わるの?」って感じで・・・。既得権の主張? 

特に親密になっていた前任者は不満たらたらの様です。

ただ、新しくおつきあいが始まった所有者の方々とは、ほぼ上手くいってますし、10年近く前に信頼関係が断絶していた所有者の方との協力関係が復活するなど、成功したと考えても良い事例もちらほら・・・。

50点ぐらいでしょうか?私のやり方・・・。間違ってはいないと思うのですが・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2005-08-09 23:40 | 日記


<< 願泉寺の瓦・・・。      食った記録 >>