2005年 08月 10日

願泉寺の瓦・・・。

今日は何故か女性のレスばかりで、ちょっと嬉しい?(^^


さて、願泉寺の瓦ですが、現在確認できている最古瓦は糸切りの16世紀末頃で決定!
玉縁の状況や端部の面取りが弱いなど、あまり古くならないことを確認してもらいました。

安易に古記録とすりあわせることは危険ですが、慶長3年(1598)とある本堂の建立はほぼ確実となり、現在の本堂で再利用している。
(私、慶長3年は否定していました。同時代史料がないと・・・。)

さ~これからまた考えるぞ・・・。

あとは寛文3年(1663)の現本堂の建立瓦や、慶長と寛文の間の瓦(17世紀前半の瓦を確認しています)、寛文以降の補修瓦について検討です・・・。

建造物の修理ですが、考古学手法が使えるので、期待しています(^^

ちょっと硬い話・・・瓦!
a0009707_21414365.jpg

[PR]

by amuro1900 | 2005-08-10 21:40 | 日記


<< ち・・・ちかれた・・・(..ゞ アセ      文化財所有者との距離 >>