研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 30日

新手の営業

指定文化財にしている六字名号蓮如筆のお軸があります。その件で○京の業者から連絡あり。

「市指定文化財を修理することになったので、所在移動他の条例手続きを教えてください!」とな。

お寺さんと私たちの問題なので、そちらでされなくても結構です。お寺さんと話をします。と電話を切りました。  ? 指定したときそんなに痛んでなかったのなぜ?

早速、こちらの担当者がお寺に電話。

「向こうから電話がかかってきて、ぜひとも見せてほしい。」ということで業者さんが来たそうな。で、業者さんの発言「すごく痛んでいるので、修理が必要ですね!ついては見積りを出しますので発注してください。」とな・・・。

私たち、唖然!もちろんお寺さんも、困った!

ちょっと前に話題になっていたリフォーム○○と話が似ているような?

お軸の状況確認と今回の話は断ってもらうことを話しに担当が明日お寺に行きます。それと、修理するなら大阪府内で安くてうまい業者さんを紹介できることも伝えに・・・。

皆さんの所にも来てますか?こんな話・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2005-10-30 22:14 | 日記


<< 華麗なる伊万里、雅の京焼      反省 >>