研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 07日

近現代考古学

上モノが無くなった所を発掘調査して、建物基礎、竈、トイレその他諸々として確認する。遺物を型式学で検討する。近現代考古学・・・?

上モノが残っている場合は建築史の見地から基礎構造他を建造物として確認する。残された什器は民具として民俗学の見地から検討する。

同じ時代でほぼ同じモノを対象としているのに、残っているかいないかで大違い?

私はそんなこと無いと思っています。よって、重要文化財のお寺の半解体修理は考古学の視点で観察中・・・(^^

ちょっと一言です。現在考えを整理中・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2005-11-07 23:15 | 日記


<< 東京行脚      華麗なる伊万里、雅の京焼 >>