2005年 11月 08日

埋蔵文化財個人住宅対応・・・。

最近、大変です。

地震の影響か?着工直前に建物基礎の下を「柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)」に変更する個人住宅の届出が増加中・・・。直径0.5mのもので30本、地下部分をモルタル(コンクリート)で改良します。

提出時はベタ基礎(建物下全体を10cmほどの厚みでコンクリートを敷き詰める。もちろん鉄筋入り。)だったのに、いざ着工となると変更の申し出・・・。

慌てて、その図面をもらって再協議・・・。ベタ基礎だったら立会調査(たちあいちょうさ)といって、工事で基礎掘削する時に土層や遺物の確認に行くだけの簡便な調査になるのに、これほど大掛かりな工事では発掘調査対応に・・・。

全て対応しきれないので、直径の細い鋼管杭(こうかんぐい)や表層ケミコン改良に変更してもらうように協議しています・・・。

毎日バタバタの連続・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2005-11-08 23:47 | 日記


<< 関西陶磁史研究会 第五回研究集会      東京行脚 >>