研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 17日

奥本大三郎 海塚遺跡 子供のころ・・・。

10年ぐらい前だったかな?とある工場跡地に、とある信徒団体の会館建設の話がありました。遺跡外ですが、開発面積が大きかったので、試掘調査。案の定、中世の遺構が発見され、遺跡登録。字名をとって海塚(うみずか)遺跡としました。

会館が建設される所から遺構が発見されたので、速、発掘調査の協議。建物が建つところを発掘調査。1,000平米ほどでしたが。遺構的には調査区北半は開析谷だったところを中世に埋め立てて農地にしていること、南半は現地表下50cmで地山に到達して、中世の溝(道路側溝)とか、その溝にかかっていた橋の痕跡や柱穴などを発見。あと、地山に張り付いた状態で縄文時代後期の土器片がぱらぱらと出て、30cmぐらいの小さくて浅い穴にサヌカイト石核があったりと、なかなか楽しい現場?
(縄文遺跡としての評価は難しいですが・・・。)

さて、この工場跡地はわたしの父が勤めていた会社の工場でした。この話が来たときもビックリ。試掘調査から本調査まで、いろいろ思い出しながら事業を進めて・・・。小学校低学年までしょっちゅう遊びに来ていた所ですよ、思い出もいっぱいある。そんなところを自分で発掘調査するなんて、こんな経験された方はほとんどいないのでは?

ちなみに、母が勤めていた会社の敷地での調査も、開発者との協議に参加しました。現場は若い人が担当しましたが・・・(^^


さてさて、話の落ちですが、奥本大三郎さんは、父が勤めていた会社の社長の息子さんです。昨日某放送局に出られていましたね。昆虫で・・・。フランス文学の教員なのに、昆虫の本ばっかりだして、こっちの方が有名です。

と、番組を見ながらいろいろと思い出していました・・・。

超ローカルで個人情報バシバシネタでした・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2005-11-17 22:59 | 日記


<< 予算      むらさききんやまこふん(^^ >>