研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 25日

モノになる動物のからだ

中島久恵 批判社 2005 ¥2,520

とある方のおすすめで購入。動物にかかわる様々な事が事細かに。文献史学の方でもなく、被差別部落史の研究者?筆者紹介ではハッキリせず。

『歴史民俗学』に書かれた物を中心に、書き下ろしも多く、ためになります。これからじっくり読んでみます。

歴史民俗学研究会編『歴史民俗学』(批判社)はNo,14だけ購入してます。
船地慧(けい?)「纏足とその技術」が読みたくて。この号は「考古学の冒険」と題した特集があり、買った人も多いような?知った人が沢山執筆・・・。

中島氏のものは、これ以前の8、9、12、13号に掲載されていました。バックナンバーちゃんと見ておけばと後悔・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2006-01-25 20:52 | 日記


<< 東京      梅鉢車輌 >>