2006年 02月 27日

府立泉北考古資料館

その資料館どこ?と聞かれたので、解説というかお知らせ。
泉北


府立の両博物館ができるまでは、ここが唯一の府立展示館・・・。昔、昔、ここには陶邑の遺物と池上曽根遺跡の遺物が収蔵されていました。卒論で使った、池上曽根遺跡の骨はここで拝見・・・。

当時、「○の城」とか呼ばれていたそうな・・・(やばい?(^^)

府立泉北考古資料館

そうそう、近つを見学してから思ったのですが、陶邑のモノが今頃重要文化財って遅いな~と・・・。でも、やっぱり見慣れた土器だし、重要文化財って感じしないな~って・・・。今後もこちらで保管かな?

(追)
最近ちょっと疲れ気味。収穫無しです。明日ちょっとある予定・・・。
「全盛期の神戸市電(下)」

(そうそう・・・)
デジカメデモ機のレポートの様ですが、大々的に東京駅が・・・。
編集長敬白

(そうそう2)
○さん限定情報・・・(わかりにくいかも?)
ある国に、日本考古学を紹介する展示会の日本向け論考集が最近販売になりました。とある掘り屋さん(業界用語?発掘を職業とする人)が、下巻の最初の論考を読んで、「何書いてるの?この人・・・(..ゞ アセ」と感想を述べていました。そんな感じです認識は・・・(^^

なんだか、ある特定個人への情報blogになってきたぞ・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2006-02-27 21:49 | 日記


<< 大正時代のアップライト・・・。      タイヤ変更・・・。 >>