2006年 02月 28日

便利使い・・・

私の所は、私で文化財担当者3人目です。昭和50年に1名配置されて、8年で実家近くの自治体に移られました。その方と入れ替わりに次の人。この人も8年で実家近くの自治体に移られました。その方と入れ替わりに私・・・。8年で入れ替わりが続いているので、私も10年ぐらいで移りたいと思っていました。しかし、もう、何年?・・・。

何故か?・・・ここが実家近くの自治体だからです・・・(^^
(他のメンツは他県や北部の大阪・・・。彼らは移っていくのでしょうか?)

嘱託ですが、これは私で4人目です。

一人目は50年に採用された人のカバー。埋蔵文化財以外担当。二人目は埋文。この方2年で四国のとある自治体に・・・。その年に銅鐸検出して有名人に・・・。三人目も埋文。この方も2年と半年で兵庫県のとある自治体に・・・。で、私。2年で正規職員に・・・。

一人目は定職をもって、空いた時間に勤務する状態でしたので問題なし。埋文3人組も短期間で就職できたので問題なし・・・?

その後が、いけません。

地域史、古文書担当で嘱託をこれまで6名採用しています(年2名枠)。1名は渉外担当の市OBでしたので、問題なし。その他5名の内で、短期で就職できたのは1名だけ。その他の人たちは10年嘱託・・・。2名は10年かかりましたが、庁の付くところや他の自治体に職を得ています。問題なのは最後に残った2名。なかなか職がありません。最近、美術関係の学芸員募集ばかり・・・後、近代史とか・・・。近世史なので・・・条件が合わない・・・。

嘱託やってて、ここに採用されたのは・・・そう!私だけです。と言うことは・・・どこかに行かないと・・・なんですが・・・無い・・・。

先が無いのに、完全に頼ってます。これって完全に便利使い・・・飼い殺しか?と・・・日々悩む・・・。本人たちが一番不安でしょうが・・・。

彼らが旅立ったとき、その後どうするか日々悩む・・・また繰り返す?


そうそう・・・。
バブル時代、就職が沢山有ったように言われます。簡単に就職できたので、その時期に採用された連中は出来が悪いと・・・。

確かに、それ以前の行革で採用が減らされていた時期に比べれば大量採用されましたので、簡単に入ったように見えますが、それはそれで大変で・・・。

今と同じかな? 当時、修士で仕事にあぶれている人が沢山いました。よって、学卒で就職試験を受けても、なかなか・・・。4年から嘱託時代に数えきれないほど(大げさ)試験受けました。狭い世界なので、結果の内容は伝わってきます。試験、Top10の中には入るのですが、採用2名なりの枠には届かない・・・(大部分の修士は蹴散らしているのですが、とちょっと自慢・・・でも意味無し(泣))。

嘱託2年目なんか、試験当日会場に行くと採用される人が分かる・・・と言うことは・・・?

その時期、その時期でいろいろあって、大変だという話です・・・。今も昔もこの業界への就職は大変です・・・。(賢い人は関係ない?)
[PR]

by amuro1900 | 2006-02-28 21:00 | 日記


<< 辞令      大正時代のアップライト・・・。 >>