2006年 03月 03日

ジェンダー

昨日は午後、休暇をいただきお医者ほか、下記の活動。(懸案事項は午前中にきっちり片づけましたよ!2倍速・・・(^^)

で、午後「ジェンダー」をテーマにした人権研修が有ったようです。うちのメンバーは女性だけの参加だったようで。

テーマは「歴史からみる女性問題-伝統文化の中のジェンダー-」。某大学の非常勤講師をお呼びしてのもの。レジュメ、参加記が職場でまわっていたので、参加者に内容をちょこちょこ聞いていました。

レジュメ、参加者の話では、奈良県大峰山のことを出発点にして、古代から近代までの女性差別のあり方を話されていたとのこと。しかし、歴史認識が全く間違っていて、ちぐはぐな内容。話的には近代を中心にして、それ以前のことはほとんど飛ばして、近代以降に女性差別がきつくなった、現在も続いているとの結論とのこと。

レジュメみて怖くなりました。穢れ=女性差別、部落差別。狩猟と採取の女性差別。単純に言ったらそうかもしれませんが、そこに行くまでの課程が全く省略されている。レジュメは全てこんな感じで・・・。

そんなに単純だったら、「穢れ」の定義なりで凄い議論をしませんよ「部落差別」。古代にレイプは無かったと書いていましたし・・・。とにかく、ちぐはぐでレジュメは凄かったです。それに儒教の話は全然出てこないし・・・。ちゃんと調べたか?と言いたくなりました。

歴史の専門家では無かったようですが、歴史と言うなら歴史をちゃんと把握してもらわないと・・・。


みんな平等という立場なら、差別なんて議論はしなくてすむのですが・・・。そうで無いのは確か・・・。

そうそう、男性が女性にしいたげられる事もジェンダーらしいことも知りました。だったら私も本格参入しようか?と・・・「口出すな!」「黙ってろ!」と虐げられていますので・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2006-03-03 19:42 | 日記


<< 007 ボイコット運動・・・。      生涯学習 >>