2006年 03月 12日

大学入試

数学1科目だけで、5時間の入試 をめぐってとあるところの議論を読んでいました。

数学だけと言っても、数式とかすだけの問題は無理なので(高校数学IからIIIでは)、やっぱ国語力も必要でしょうね・・・。

究極、文系理系関係なく、柔軟な思考力が一番大切かな?と思いました・・・。



教育つながりで・・・。
アコの後思案のところで、「メタデータで埴輪を知る。」を取り上げられていました。

単純な感想
・この程度(今回の内容はよく知りませんが)、京博にある休憩所の端末である程度できて、幼稚園、小学校低学年でも、扱えたはず・・・。
*連れていった幼稚園児が、勝手にさくさくと内容を見ていったので、ちょっとビックリしましたが・・・(^^
*私個人的には、京博にあるテラB超えのデータベースをあの端末で見られればと・・・。

・国立博物館にある優品ばかり見て、地元にある埴輪片を見たとき!「だめじゃん!こんなの!」と思われるのが怖い。

・NIIが作った簡便なデータならネット配信して欲しい。(配信してたっけ?)

・最近感じること。小学生の時、いろんなものに触れて興味を持ちますが、中学、高校で激しい歴史嫌いが発生します。教育の場を何とかしないといけないと感じています。
(だから、中学、高校向けのイベントがない?)
*とか書きながら、私自身が歴史が嫌いだったりして・・・。物事を考えるとき、そのモノがたどってきた歴史が重要だと考えているので、歴史やってますが、学校教育の「通史」は嫌いです。

・地元の資料は直接さわれる環境を整備すべきだと思います。やっぱこれが一番大事かな?
*と言いながら、現地説明会、発掘成果報告会では、出土遺物を一般の方にさわってもらってますが、それ以外はケースで展示しているのが悲しいです・・・。

その他、いろいろありますが、やめます。
[PR]

by amuro1900 | 2006-03-12 08:52 | 日記


<< ミニシンポジウム「弥生後期集落...      なんだこれ? >>