研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 29日

瓦分析・・・

とある所の今のっている瓦調査をしました。建築年代もはっきりしています。でも、瓦だけでは極限られた事しか分からない。

その分析に古文書資料も援用してみました。これは現在把握されている7万点もの古文書を踏査してのもの。これでも限られた事しか分かりませんでした。

建築部材に関しては今回は特別に調査対象とはしておりません。しかし、以前調査をされた方の報告があるので、一定援用はしております。

現在残っているもののほぼ全てを使っても、その建造物のあり方が細かく理解できない。これをどうやって打破するか?模索中です。

で、恐ろしくなっているのは、当時のもの全てでない出土瓦で、工人の動きや、地域の支配勢力、その勢力の背後関係など論じること。古代寺院ではスタンダードなテーマですが、ホントにそこまで言えるか?と・・・。

うだ話で以前書きました。「家にある全ての食器類がそのまま埋蔵されても、私の家の家族構成他何も分からない。」と・・・。

モノだけで何を言えるか? 資料総体で何が言えるか? いろいろ模索中です。
[PR]

by amuro1900 | 2006-03-29 19:04 | 日記


<< ううう!となってます      何でも区分け・・・ >>