研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 03日

新人研修講師・・・(泣)

本日、新人研修初日。第1回目の講義が私の担当・・・。お題は「○○市の成り立ち」。

毎年思うのですが、日本史なり地域の歴史なりに興味のない人に話をするのは大変です。その上、今年の採用試験は統一試験日に行っておらず、全国各地から申請がありその中からの採用で、地元出身、在住者は数人。これだと地理的な事も話せない・・・。

単なる市の成り立ちなら30分もかかりません。でも、ネタを絞ると、持ち時間1時間では足らない・・・。寺内の事なんか1.5時間ないと話せません(K戸大学で発表したときは、質疑含めて1時間で・・・(泣)でした。)。

成り立ちだけだと、淡々とした話になるので、寝る人続出? 難しいな~と痛感・・・毎年ですが。

今年は、歴史はちょっとにして、それにかかわる今の話をしました。支配のこと、合併問題、我が市の特徴・・・。一つ忘れたのが、-「行財政改革」はこれまで何度もあったが、我が市はだらだら~と乗り越えてしまっている-を話せなかったこと。これはちょっと後悔・・・。あと、給料は上がりませんよ、下がりますよ・・・これは人事なりが話すか?(^^

99%以上の歴史に興味にない人たちに、如何に啓発するか?はやっぱり最大の課題・・・。


*学会発表20分、講演会90分が頭の中で定着しており、60分で話をすることが困難になってる?(..ゞ アセ
[PR]

by amuro1900 | 2006-04-03 19:10 | 日記


<< 市史      民家公開 >>