2006年 05月 07日

弥生文化博物館講演会

本日は講演会でした。田原本町教育委員会、藤田三郎氏。日本で一番絵画土器を見ている「男!」(^^

人物表現に注目して、男のシャーマン、女のシャーマン、祭りのあり方を明快に解説・・・。

あの怖かった藤田氏はどこへ?って感じでした。

金関館長もお疲れがとれた様で、ディスカッションではユーラシアの事例を沢山話されていました。(しかし、まだ本調子では無い様子・・・。)

久しぶりにすがすがしい気分で帰ってきました。遺物の詳細な観察に基づいた明快な仮説は、聞いていて気分がいいです(^^

ただ、それを証明するためには、まだまだ分析が必要ですが・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2006-05-07 23:37 | 日記


<< EWI4000s      現場だ! >>