研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 27日

寝ちゃった・・・。

某所でのしんぽ・・・評判が良いと言うか・・・。途中の事例報告は、2本ほど寝ちゃった・・・。

これが、私の結論です・・・興味を持つか、怒るかしないと・・・寝ちゃう。

TSも安くなって、おるそ(今回は直接関係なし)、レーザーの精度は実用段階を通り過ぎてる・・・でもまだまだ値段が高い・・・。A社さんは、「小規模なものなら、破格の値段でしますよ!」と言ってくださいますが・・・。

結局、熟練技術者がアナログでとるのが一番精度が高い・・・現地測量。

空撮もレーザーも隠れていると、図化できない。精度がどこまで上がろうが!・・・当たり前ですが・・・。

それを前提にいかにしてデジタル化するかが問題・・・では?それが怒濤のTS測量か?

書籍にしても、同じでしたね。デジタル化・・・評判が悪い・・・。某団体もCDしか作りません!と宣言していたなと思っていたら、本が復活してますよね・・・。

コストを中心に考えると、一番手っ取り早くデジタル化が進むような気がします。予算を承認する方も、中身はわからなくても、初期投資なりでそこそこ費用がかかるけど、数年で元とれて、それから費用がいらなくなる・・・印刷代、発送代・・・。

書籍はPDFにして職場のサーバーに置く。必要な人は、DLするなり、紙出しするなりご自由に!ってすれば一気に進むかな?

測量なり実測はまだまだ職人技が必要ですから、ちょっと難しい? 職人技が無くなったら考古学でなくなるような気もして・・・。

古文書-スキャン-OCR-翻刻完成-論文作成・・・って文献史学で無いような気がします。

・・・まとめるか、どうるすか、迷っている状況が、上記の支離滅裂の文章で現れているかも?(..ゞ アセ
[PR]

by amuro1900 | 2006-06-27 00:24 | 日記


<< びっくりしたぞ!も~!      Atlas of Animal... >>