研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 24日

財産権と報告書

個人所有の文化財を調査していて、一番問題になる財産権、所有権を無視する点が気になります。

文化財なんだから敷地の詳細図を公表してもかまわない。

資料として実在しているのだから、それを公表してもかまわない。

違うでしょう・・・。

現在実際にそれを所有している方がおられるなら、所有者の意見をまず第1に考えないといけません。個人の権利の保障。その文化財を守っておられるのは所有者の方ですから・・・。

資料内容の公表は確かに学術的かもしれませんが、その内容が所有者に不利益になるなら、配慮が必要ではないでしょうか?

自分がもし文化財所有者で、自分の家の敷地詳細図が出て気持ちいいですか?
(気持ちいい人がいるのも確かですが、少数であることは間違いない。)

なのに、上記の主張をする人が多くて困った!です・・・。

学問をやってる人は、常識がない?やっぱ・・か?
(一部だけだと思いたい・・・(泣))
[PR]

by amuro1900 | 2006-07-24 21:15 | 日記


<< 若いのに・・・      論文集 >>