研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 02日

査読

私、10年ほど前に○山にある学会に「ブタ」研究についての批評を書きました。半年ほどして「不採択」とペラッと通知。動物考古学に関わる人に見てもらいましたが、内容は悪くないと意見をいただきました。ただ、一人の方は、「構成がよくなので書き直しをしよう!おいで・・・!」との意見を。

若かったです。おいでの意見を素直に受け入れられずに、自分で書き直して再投稿。で、数ヶ月後に、また「不採択」とペラッと通知。

で、査読誌に投稿をやめました・・・。関近研に没頭!地元の小さな研究会に没頭!動物考古を中断したのもこの頃?
(数ヶ月後によく似た内容のモノが掲載されて、完全にプッツん!(^^)

今、読むと批判だけしていて、対論を出していないなど、自分でも不備は認めます。ただ、「ペラッと!不採択。」はね・・・。

最近、勧められて歴史系に投稿しました。こちらは「書き直し採択」の意見をいただきました。で、書き直して再投稿。掲載していただきました。初の査読論文!
(会費、全部あわせて数万円払って、投稿しないのって、バカ?って言われた・・・(泣))

調子にのって、別の歴史系に投稿。数ヶ月後、ペラッと「不採択」通知・・・。これも、歴史系の人に読んでもらいましたが、論文にはちょっと短いけど研究ノートなら一発採択では?と・・・。

大きな所で、西日本にあるのはみんな、仲良し倶楽部に入らないと、長~~~く待たされた上に、ペラッと「不採択」みたいですね。



私、2度ほど査読する立場になりましたが、掲載するために直して欲しいと思って、一所懸命読んで意見を付けました・・・。落とすつもりは毛頭ない・・・今年も一本やる予定ですが・・・もちろん査読誌ではありませんよ(^^
[PR]

by amuro1900 | 2006-08-02 21:13 | うだ


<< 発表      WEBサイト >>