研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 18日

考古学のあり方

ここ数年、ある方と出会ってから、近世一本槍・・・。

それも寺内の事ばっかり・・・。読むモノ、聞きに行くのもすべて近世で、もう頭は近世?

この状態で、発掘調査の報告書を読むと、結論なり理解なりが、飛んでいる!と感じるモノばかりで・・・すべてに閉口中・・・。

資料がめちゃんこ有っても、言えることはちょびっとなのに・・・そこまで言えるか?てな感じで・・・。

これからの考古学は何をすればいいのか?ぼんやりとわかっているつもりですが、はっきりと書き記す所まで行かない・・・。細かな点は「うだ話」にしてますが、全体像が表現できない・・・。

そんな自分が一番もどかしく感じています。
(バカを通り過ぎていますので、頭割れるか?)

何か違う方法論を打ち出したいのですが、場末の私が何を言っても、無視されるだけですしね・・・。

いいとこ取りはやめましょう・・・これだけは言えます・・・どなたかがやってるプロジェクトに対して・・・。

タイトルと内容が違うぞ!(..ゞ アセ
[PR]

by amuro1900 | 2006-08-18 22:59 | 日記


<< 裁判?      絵図 >>