2006年 09月 09日

九阪研究会

もうこの呼び方は死語?昔から知ってる人間にとってはやっぱこっちかも?(笑)

さて、55回の資料が届きました。注文していたことすっかり忘れて・・・6Kはちと痛い?同時期に某学会の会費も・・・6k・・・二つあるからか・・・。

そうそう、30周年だそうで、30歳にたとえれば脂の乗ったころとありました・・・。

が、私の場合だと25歳で採用、5年目でやっと予算や市内の遺跡の一通りが理解できたところ?若造だぞ・・・経験まだ全然不足・・・。経験20年ですが、いまだに若造扱いです・・・私・・・(泣)

さて、中身をさ~っと拝見して、

建物って平面形だけで比較してもいいの?それだけで十分か?

てな感じ。

地上構造物はなくなっていますので、比較できませんが、せめて地下構造、柱穴などの比較検討も欲しかったような?

発表要旨も全体的に消化不良のような気がします・・・。

ま、もともとこの研究会には「資料集成」しか期待してませんけどね(^^

ちがう?(..ゞ アセ
[PR]

by amuro1900 | 2006-09-09 13:52 | 日記


<< 石材鑑定      闘病日誌・・・その2 >>