研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 10日

分かったこと・・・。

梅鉢をやってみて分かったこと。

皆さん、車輌の事しか見てないんですよね。それも2つの視点から。

てっちゃんは車輌のあり方、構造などハード面。経済史は生産台数、業界での貢献度などソフト面。

でも、これでは何も見えてきませんよ・・・梅鉢は。実際、理解が異なってます。

車輌を集めてみて、はっきりしました。工場などの生産体制、職人の雇用、創始者の考え方、などなど・・・。それと梅鉢はクロッシングポイントなとの鉄工業本来の部分も大きな柱なので、こちらも調べないといけない。あと、バスとかトラックも生産しています。

梅鉢って企業を明らかにするのに、車輌だけではできない・・・。


帳簿、株主総会資料=文献資料=古文書・・・ソフト面

車輌=形式分類=物質資料=考古学?・・・ハード面

ねねねね!ダメでしょう?・・・何が言いたいか分かります?・・・あらゆる角度から見ないといけない・・・「学の祭り」ではなくて。
[PR]

by amuro1900 | 2006-11-10 21:19 | 日記


<< めちゃんこ・・・      難しい?難しくない? >>