2006年 12月 10日

海外動向に目を・・・。

最近、読んだり、聞いたりすることに対して単純な感想しか出てこないので、なかなかうだ話にできません(泣)

昨日の松井氏の発言で気になったこと・・・。

「石器や土器ばかりでる日本の状況では、当時のあり方は理解できないので、海外の研究動向を常に追いかけて、参考にする必要がある。」(評者要約)

確かにそうです。動物をやっていると、西アジアの調査やアメリカ、イギリスの研究動向は気になります。

でも、諸手をあげて、研究のあり方、成果を受け入れるのには抵抗があります。

単純な感想ですが、生業のあり方が違います。風土が違うことに大きく影響を受けていると思いますが・・・その状況で、そのまま参考にしても、だめな様な気がします。ヒントにするのはOKですが。

それと、最も大きな違いというか、研究に対する考え方が違うと思います、海外と日本。ヨーロッパの分業のあり方も・・・発掘屋と考古学者。

私たちは発掘屋のような?(アカポス含む)
[PR]

by amuro1900 | 2006-12-10 08:15 | 日記


<< ポンペイの輝き      いのしし >>