2007年 02月 08日

労働者


私たちも普通の労働者です。利益を優先させない。


法の定義は、様々なしがらみから社員を守り、公正な作業ができるようにされているいるだけです。
特定の人々や団体に取り込まれないように・・・法の精神はそうなっていいます。社員を守るのではなく、最終的に受益者(国民、住民)を守るためです。

でも、いろんな批判を読んでいると、そうとは考えられていないようです。


また、内部にいても、規制が多すぎて、身動きがとれなくなっています。
(とりにくくをいきなり通り越して・・・。)


それと・・・いろいろな規制から解き放たれた行政法人の方々が、二昔以上前の「お役人」みたいな発言をするのに・・・閉口しています・・・。

こんな時こそ、柔軟な考え方、社員全員の小さな考えを結集して仕事に当たらないと行けないのに・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2007-02-08 00:20 | 日記


<< 地方自治法改正施行      行政法 >>