2007年 03月 25日

ちょっと説明

以前、うだ話とその関係とBBSに書いたかもしれませんが、ここで説明。

うちは、埋蔵文化財担当は専門職発令があります。

事務職員で採用後3年実務経験して「学芸員」の専門職発令です。これ、社会教育部門での要綱で決めてまして、社会教育主事とかと同じ扱いになってます。

よって、博物館が無くても「学芸員」です。本来の学芸員とは意味合いが違います。

ただし、郷土資料展示室、歴史展示館がありますので、こっちの事業をするときは「学芸員」の肩書きが無いと、「もの」が貸してもらえないときがあります。

設備が悪いので、重要文化財は絶対に貸してくれません(泣)

3月末までは、私を含め学芸員4名です。2名が埋蔵文化財ともろもろ担当、私ともう一人が展示、庶務、指定文化財の担当(もちろん私は全般の監督)してました。

4月から、埋蔵文化財担当1名が係長になって、1名新人さん配置。どうも、ホントに一般職みたいです。

平成4年に文化財係ができて、未経験者が配置されるのは初めてです・・・係長は歴代一般職でしたが・・・。

さて、19年度は節目になる年です(自分でそうしましたが)。どうなる?
[PR]

by amuro1900 | 2007-03-25 18:31 | 日記


<< サイトの更新      組合 >>