2007年 04月 28日

稲作とともに伝わった武器

大阪府立弥生文化博物館。本日初日、誰もいません・・・(..ゞ アセ

感想は・・・図録を買わないと意味無し・・・会場設営委託多分200万円、美術梱包委託多分200万円・・・これだけかけて、あれでは・・・(..ゞ アセ

図録1,500円・・・昔は1,000円でしたが、最近はずっとこの値段ですね。これはそこそこのボリュウム、内容。ま、納得のいくモノ。

ただし、「あとがき」の文章で、こけました。

「しかし、どのような形であれ、弥生時代において武器が重きを占めていたことは確かであり、・・・。」

こら!だれがこんな事決めた?・・・証明した?・・・弥生時代は戦いの時代か?武器があったら、速、重きなのか?・・・ホントにも~。
[PR]

by amuro1900 | 2007-04-28 20:57 | 日記


<< 部落差別の現在      JR事故 >>