2007年 05月 31日

史料は怖い・・・


中・近世をやり始めて(職場が中世遺構が中心ですので、仕方なく?)、怖かったのは史料です。

中世も高野山に沢山史料がありまして、調査成果を重ねて何年もかかって出した結論も、史料の1行でひっくりかえる?・・・一言だったりして・・・時間までわかったりして・・・。

いつもびくびくしながら、文献屋さんといつもディスカッションしながら・・・。

近世も寺内は膨大な史料があります。願泉寺の史料は考古学成果に影響を与えるようなものが無いことがはっきりしましたが、数万点と推測される町方文書が手つかず・・・。

当面は私の仮説がひっくりかえされる心配はないものの、これからが・・・怖い(泣)

私が在職中に町方文書を調査つもりでしたが、それもできず・・・。


古い時代をなさってる方は、このスリルが味わえません・・・考古学の危うさを実感できません(^^
[PR]

by amuro1900 | 2007-05-31 20:47 | 日記


<< (泣)      共同研究 >>