研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 12日

解放研究


これまで、被差別部落の事ばかり見てましたが(特に近世)、近代になると「戸籍」との関わりの論文が多かったんですね。

今まで、全然気にしてませんでした。

壬申戸籍、昭和43年まで、一般に閲覧できたんですね。そりゃ~何タラ総監が作れるはずです。

こんなものを野放しにしていたなんて、驚いています。

今は、法務局で保管されているのは周知の事実ですが、法務省の公式見解は「破棄した。」です。

よって、行政文書開示請求をしても、公開されません。破棄と公式にされたものは、公開されませんので・・・。

明治改製の戸籍にはそのまま移記されているとあったりもしますが、私の見た限りでは、記述は無かったです。

「戸主」って形式に変わっていますので・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2007-08-12 14:22 | 日記


<< 画像公開掲示板      現場公開 >>