2007年 08月 26日


茶道にしても煎茶にしても、完成形ありきで、その前を推定しても、間違うような気がします。

それと、発掘の状況をよく理解せず、実物を見ないで、集成・分析しても全く意味がないような気がします。

今日、私が聞いた一つの分析は、以前、私が自分で現場を確認し、調査の状況を確認し、遺物も概要報告で確認して、こけそうになり、遺物を見せてもらうようお願いをしましたが、事情で見られない状況にあることの回答を得たものを使われていました。

実物を見られていません・・・私の判断では・・・こけてます・・・それで分析する勇気は賞賛に値するかもしれません・・・私は怖くて使えません・・・。

という状況ですね・・・。

それと、確かに概要報告ではきちっとしたものは出せていませんが、層位的に発掘し、遺物もいつでも見られる状況にしているとある寺内を無視している点は納得できません。

概要報告がまずかったので、いつでも検証していただける状況は作ってあるのですが・・・。



ただ、今、見にこられてもきっちり答えられる人間がいない?・・・担当した人間が残ってますが・・・これが一番問題かな?(大泣)
[PR]

by amuro1900 | 2007-08-26 00:37 | 日記


<< やっぱり      すたんだーど分析 >>