2007年 09月 04日

闘病日誌


本日、診断日。先週のMRIですが、新たな病変は発見されず。頸椎骨に老化現象がちょっと見られるとのこと。これが一番がっくり来ていたりして。

椎骨その他が変形して、脊髄神経を圧迫している痕跡も全く認められず。画像所見では脊髄神経が人より細いとしか言いようがない。でも、足に確実な症状が出ているので、ニューロン等が異常な反応を示していると想像できるとのこと。

現状ではこれ以上検査できないので、またしばらく症状を見ましょうとのこと。胸椎のMRIは指示されませんでした。

診察されるようになって9年目です。はじめの頃からのカルテがあります。平成11年から・・・。

最近は両足共におかしくなってるのですが・・・自覚症状では・・・診断すると左がましなそうな。


神経系の病気はよくわからない病気ばかりです。脳の病気は外科手術で一定回復する方法が見つかりつつあります。全く歩けなかった人が、杖で歩けるようになるとか・・・病変部分がはっきりしている人ですが。

診察のたびにいろいろ教わって、自分でも勉強してますが、そのたびに悲しくなります、なおらない・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2007-09-04 19:02 | 日記


<< 電卓      EVA >>