研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 16日

終わってから


職を辞してから、何をやろうと自由でしょう?研究職の方はそのまま続けられる人がほとんどですね。

在職中、学会発表や投稿をされていた方は、やめない人が多いような気がします。

周りを見渡しても、単に公務員をやっている人が多いです。というか、投稿しようなんて人はほとんどいません。

私が一所懸命説得して、今年初めて学会発表した人は、続けて発表する気になったみたいです。仕事も研究会参加、学会発表準備も進んでいるようです。

ただ、来年以降の計画ができておらず、その指導が直接できないのが残念です。

この人以外は単に食い扶持として仕事をしているだけのようですね。啓発冊子が遅れれようと、展示がおかしな方向に向かってようが、概要報告書が一切できていなくても、へ!とも思っていないようです。

こんな人は、辞めた後(現在すでに)所有している報告書なり書籍を手放して欲しいですね。

安値で古本屋さんに引き取ってもらって、安値で流通させて、学生、院生、やる気のある人間にまわるように・・・仕事も個人も死蔵されてはたまったものではありません。
[PR]

by amuro1900 | 2007-09-16 00:23 | 日記


<< 懐かしい!      堺市博物館 >>