研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 27日

社会保障給付87.9兆円


2005年度ですが、凄いことになってますね。年が進むと更に増額?団塊の世代に対するものが増えますから・・・私も含まれていたりして・・・。

健康保険にしても、保険料の10倍は使わせてもらってます。特定疾患はタダだし、医療助成もある。

今年は年金もいただいております。


さて、最近社会で大きな問題になっている社会保険。これを考古学で明らかにする方法は?と考えると・・・ない!

今の年金問題も記録では明らかにできない?システムの問題で、生年月日が丸められていて、個人の特定ができないそうな。cobolが悪いのか?仕様が悪いのか?プログラマーのミスか?とか・・・。

500年後にこんなことを明らかにしようとする考古学者がいると思いませんが、昔に置き換えて見ると、考古学で復元できる社会なんて、ちょびっとかな?(泣)

そうそう、記録が残っているので、文献史学では社会復元ができる!と言われるかもしれません。

でしょうか?江戸時代の崩し字、大部分の人が読めなくなってます。文字もどんどん変わって行きます。デジタルに置き換わってコード化なんて事になると、今の活字も読めなくなるような?

それと、たかだか200年ほど前の文献が完全に残っていることはありませんしね。現在の行政文書、永年、10年、5年、3年、1年と保存期間に区切りがありますので・・・。

戸籍でさえ、これまでの原戸籍の保存期間が80年にそろえられ、平成原戸籍は100年保存になりました。500年後には昭和の戸籍は存在していません。
[PR]

by amuro1900 | 2007-10-27 00:19 | 日記


<< 考古学のおやつ      Mac OS X 10.5 L... >>