2007年 10月 28日

日本風俗史学会


イヌの研究発表があるとお誘いを受け、参加してきました。朝一番のご発表。

中国文物を使って、イヌの意義についての考察。資料の関係で某K大学にてご研究。賢い選択でした。

もともと考古学の方ではありませんが、中国文物の報告のされ方をご存じで、数量にしての分析はなし。よってポイントデータの積み重ねになり、結論は今一。中間発表なので仕方がない?

うまくいけば面白い成果が得られるかも?です。


他のご発表は、絵画をそのまま使用しての分析?服飾史は絵画の資料批判はしない?(泣)


経済史も同じ感じですね。一番信用できない政府発表資料をそのまま使い、計算して、結論・・・おいおい!って感じですね。

ん~!疲れました。
[PR]

by amuro1900 | 2007-10-28 22:38 | 日記


<< 受付葉書      考古学のおやつ >>