研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 01日

神奈川県の被差別部落


今回書いたものは賤民研究の一端として書きました。

東日本の状況が良くわからないので、下記の書籍を購入しようと。これは書店に頼むしか方法は無いようですが、上記の書籍は簡単に入手。

やはり地区名はアルファベット表記でした。

近畿も数年前までは、アルファベット表記でしたが、最近は近世の字名がそのまま出てきます。一般的になりつつあります。

かわた村に関しては、学術上から実名表記が標準化されつつありますが、その他、例えば三味聖とかになると、アルファベットですね。文書の所有者もアルファベット・・・。

でも、ぱっと見てわかる表記もあります。地元だからか?

前の職場には、かわた村、三味聖の文書があり、「大阪の部落史」では多数掲載されております。



大阪の部落史ですが、執筆者として全巻いただけるようです。読もうと思いますが、翻刻が中心なので、なかなか進みません(泣)

のびしょうじさんなどの解説本の方を読んでから読まないと、理解が難しい。今、注文してます。
被差別民たちの大阪 近世前期編

こちらはいろいろと問題が(^^
食肉の部落史

差別がひどくなったのはこの時代からです(個人的な意見)。
自覚と誇り―『大阪の部落史』を読む 近現代
[PR]

by amuro1900 | 2007-11-01 21:47 | 日記


<< 障害年金      一太郎 >>