研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 02日

捨てる側になった


捨てる側になったんですよね、私、昨年の4月から。

全史料協は、捨てないように!と要望を出してますが、なかなか難し。

公文書は文書担当課が基本的に責任を持ちます。古いものとか。事業に関してはどうかとと言うと、担当課が責任を持ちます。

市町村合併以前(うちの場合、S18年以前)の文書は文書担当課がほとんどすべての文書の管理。例外もありますが、それ以後、各担当課で持ってる文書は事業担当課保管です。

公共といっても、文書の責任の所在がはっきりしてない。事業をやってるときははっきりしてますが。

すべてを把握できない。よって、知らない間に破棄されています。

責任の所在がはっきりしないので、全史料協さんがいくら要望の文書を出しても、糠に釘・・・最終、文化財のセクションにその要望書が回ってきます。

私が今かかわっているものは、法律で80年保存が決められています。1回分だけ50年保存でしたが、昨年の法改正ですべて80年保管になっています。

ただし、古いものはマイクロフィルムになっていますが・・・。

基本的にどことも古いものは保管してます。もし何かあったとき用に。でも、これから破棄が本格化しそうです。

捨てる側になったのですが、つい保管・活用することを考えている・・・私がいます・・・中途半端な(泣)
[PR]

by amuro1900 | 2008-01-02 20:30 | 日記


<< PC変更      忍者 >>