2008年 02月 10日

つくづく・・・感嘆?


戸籍ってすごいシステムだと思います。誰がこんなの考えたのか?

壬申戸籍って最初の戸籍は、届け出で作られたってことになってますが、実際は宗門人別帳を元に戸長役場で作っているようです。

現在の戸籍から明治5年の段階までさかのぼれるようになっています。これすごいです・・・。

壬申戸籍は「破棄」したことになってますが、歴史研究に必要と言うことで、厳重保管されているようです。必要と言うことですが、厳重保管後は誰も見たことはないそうな・・・。

ただし、戸長さんをやっていたお家に控えが残っていて、個人蔵であるみたいです。ネットで調べていると、写真が掲載されていたりします。また、人権関係の冊子に掲載されています。

壬申戸籍が見られたら、江戸後半のあり方はよくわかるような?

ヨーロッパでは教会に戸籍に似たものがあったそうです。出生から死亡まで信徒を把握するために。でも、基本は個人みたいです。

各国、出生や死亡の届出制度はありますが、教会にあるものを引き継いだので、家族単位で管理するものは極少数。基本は個人ですね・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2008-02-10 12:13 | 日記


<< なんとかなりました(..ゞ アセ      関近研・・・ >>