2008年 03月 25日

こうなったら・・・


完全受益者負担に移行しますか?所得税は下がりましたので、住民税を下げて・・・と言っても1/3しか納税されてないそうですが・・・(..ゞ アセ


住民票1通1万円、戸籍謄本1通1.5万円。

道路は沿線住民さんの負担、間口の長さに応じて、建設費、事務費、人件費を積み上げた値段を割る。負担して頂けるところから工事着手。これだと着手時期についてはクレームは付きませんよね・・・。


ま、工事は極端としても、住民票300円なんて、受益者負担と言っても、ほんのアリバイ程度の金額ですよ・・・。計算はしてませんが、ざっと見回しての概算・・・病院で書いてもらう診断書もこれぐらいかかるときがありますから・・・一定納得はして頂けるかと・・・。

こうならないように、所得のある人からはちゃんと税金を頂いて、所得の少ない人からは税金無しで、平たく住民サービスを提供するのが・・所なんですが・・・。そうはなっていない・・・。生活必需品に消費税をかけているのはおかしいですけど・・・無銭飲食OKのレストランみたいなものですが・・・。


介入されたくない人、おんぶにだっこを申し出る人、どうしようも無いときだけ助けて欲しい人、様々な人たちの意見を受けて、何でもかんでもするようになると・・・お金が無くなってね~。


共同体って難しいものですね・・・。


ただ、市民を記録している・・票とか・籍とかは、やりすぎみたいな感じです。欧米では、国家が市民一人一人を管理する事なんて考えられない・・・経費の無駄・・・と言われているみたいです。

アメリカなんか本人が独身であることを証明するものがないので、自分で宣言して行政はそれを証明書として発行します・・・個人が責任を持つ・・・行政は、個人が確かに宣言しました!と証明するだけ。

これは極端ですが・・・社会システムがそれでOKならば成り立つ例ですね(^^
[PR]

by amuro1900 | 2008-03-25 15:55 | 日記


<< おかしな批判      存続と事業継承 >>