2008年 07月 10日

東京国立博物館


行ってきました・・・

フランスが夢見た日本―陶器に写した北斎、広重

それほど規模は大きくないものの、なかなか楽しい展示会。

前半は、複写してから陶工が絵付けしたから、絵がおかしい?

後半は、画家が直接書いたから写実的で美しい?

でも・・・本来の絵の主題からはずれている絵もあり・・・大笑いしてました。

涙がでるほど楽しめたのは、久しぶり(^^

歴史の観点からみると、とてもおもしろ展示会です。おすすめの展示会。


笑えない人は・・・?
[PR]

by amuro1900 | 2008-07-10 16:49 | 日記


<< 違い      夏の終わりに・・・高野山 >>