研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 18日

ちょっと引っ越し・・・行政ネタ


行政ネタは分離したつもりでしたが(^^

さて、とあるところの不正事件で「休職」扱いで、職員を温存している。

公務員の世界では、規定や規則を重視し、
そこに問題があっても変えようとしません。
変えることで、自分たちの既得権益を守ろうとします。


と批判されています。休職中は本来は無給ですが、病気などやむを得ない場合は1年間80%でます。減った分は互助会や組合から補填される場合もありますが。

さて、休職扱いにすることに関しての批判はもっともですが、引用した部分は異議あり。

就業条例他は、基本的に「労働基準法」の上に成り立っています。

地方の場合は、国家公務員法の両方から縛りがかかっています。基本的に「労基法」を遵守する内容になっています。それと、「労基法」を遵守した場合のモデルケースにもなっています。

よって、事件があったからといって直ぐ変更していると、その変更が、もろ民間に波及してしまいます。これは非常にやばい・・・。

労働関係に直接関わってみると、「労基法」をホントに読んでる?ってケースが非常に多い。

役所がやってるから、こっちがやっても問題ないじゃ~ありませんか!になられては困る訳です。

それと、いろんな条例もいろんな引用なりがありますので、一つをかえるといろいろな条例の変更が伴います。規則まで。これって、簡単に進みません。調整含め。

私たちも変えたいものは沢山ありますが、民間への波及が一番のネックになっていて、変更できないものが多いです。

もうちょっと、法と省令と自治体の条例、規則なりを読んでから批判して欲しいモノです。

批判はどんどんお願いしますm(_ _)mペコ
[PR]

by amuro1900 | 2008-10-18 23:04 | 日記


<< ぎらぎら      マイノリティー >>