2008年 11月 29日

人と動物の日本史


買って、ちょっと目を通しました。

観念論の所は、「ハレ」「ケ」「ケガレ」「ハライ」がどのように文献資料にあらわれるか、もう一度考え直して欲しいと思いました。

その上で、文献史料に出てくるのは「建前」であることの認識を持ってもらいたいと思いました。

でもって、実際に出てくるものを日常生活の中でどう考えるか、どう位置づけるかをしっかり考えて欲しいと思いました。

それと、出た!出た!出た!を単純につなぐのもやめて欲しいと思いました。

出ないことを考えないと、とんでも無いところにいってますけど・・・。


動物遺体をやってる人は、弥生時代まででやめた方がいいと思いました。

骨しか見ない、安直に文献史料を引用する、引用の時代もばらばら・・・。





古墳研究にもいえるかも?

延喜式、中世写しの記紀・・・そのままつかって大丈夫?
[PR]

by amuro1900 | 2008-11-29 22:41 | 日記


<< 出勤      分布論 >>