2009年 01月 22日

歴史人口学で見た日本


経済学分野からの分析の概説書。

概説書なのであまりつっこんでいません。

しかし、データの理解がちょっと安直というか、歴史学分野からやるともう少しひねるというか。


歴史の理解が単純すぎます。近世、近代共に。

宗門改帳だけでなく、近世の人の動きがちょっと?

戸籍の成立から運用に関してもちょっと?


ま、一側面でみると、こう見える!ですね・・・正史とは限らない。


やっぱいろいろ考えてやらないと、見えてこないということですね。




読む本すべてが疑問だらけ・・・引用文献に使えないか?(泣)
[PR]

by amuro1900 | 2009-01-22 23:16 | 日記


<< ちょっと発想!      頭のよさ >>