2009年 02月 01日

博物館


史料にそくして展示をすると、事実提示だけで終わります。

いろいろ考えて意味を見いだそうとすると、「嘘」が入ります。その時点では「推定」ですが、最終的には「嘘」になることが多い。

正しいことをしようとすると、事実提示だけになって、おもしろくない、お客さんは来ない、企画倒れ。

いろいろ考えると、もりだくさんで、ある程度おもしろくなって、お客さんは来て、企画成功。


どっちが良いかというと、後者になるんですよね。

どんなに良いことやっても、お客さんが来ないと話にならない。

正しいことと、観客動員要素をどうするか?これがいつも問題になると思いますが。



観客動員、企画成功!で終わるのが(目指すのが)多いような気がします・・・。


できるだけ生の資料を提示して、お客さんにはある程度のおとぎ話を「想像」してもらう。研究者には生の資料で「考えてもらう」。「考えてもらう」展示を目指したいモノです・・・目指していたんですが・・・。

あいかわらす、企画案は沢山あります・・・頭の中には・・・気が多いモノで(泣)
[PR]

by amuro1900 | 2009-02-01 23:52 | 日記


<< 味?      終わった >>