研究所日誌

amuro1900.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 02日

焼塩壺

数年前に焼塩壺のことで資料紹介を書きました。
一応、「ツタ」と「泉州麻生」はうちが出どこなもので・・・。

先日、その件で電話がありました。

発掘調査でほとんど出ないので、以前工事中に大量発見されたことを泉南市歴史研究会という地元の歴史愛好会の会誌から引用しました。

そのことをひょんなことからお知りになって、私のところに電話をいただきました。

それが非常に喜んで頂いて、「研究者の方に会誌を取り上げていただいて、本当に嬉しい。そのことを次の会誌に書いてもいいですか?」とのこと・・・。

私が研究者? ? ? 投稿審査論文もないのに? 違います私はたんなる公僕です(..ゞ アセ

ま、喜んで頂いたので、良しとしましょう。

焼塩壺ですが、非常に資料が少ないので、何でも取り込んで考えていかないとなかなか進みません。
ほんの小さな発見でも、研究者があつかったもの、一般の方が掘り出したもの関係なく、資料収集しないと・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2004-08-02 19:48 | 日記


<< 情報共有      我がサイト >>